Private English Lessons for Professionals

MANABI.stだけが提供する価値

第 32 回 MANABI.st 通信


その他のバックナンバー
MANABI.stオリジナル教材 Doing Business with Westerners Course Case Discussion Course Negotiation Course
□─────────────────────────────────────□
  MANABI.st 通信 − vol.32 − 2005/11/25 −
□─────────────────────────────────────□

┏ 【PR】 新規教材追加! Improving Discussion Skills コース ━━━━━━━━━━━━━┓
 MANABI.st オリジナル教材 (テキスト代無料) を利用し、様々なストーリーを通じて、より高いレベルのディスカッション能力をつけて頂きます。詳しくは http://manabi.st/t/t_idsc_b.pdf をご覧下さい。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 ※本メールは、MANABI.st 登録ユーザーの皆様にお送りしております。今後、MANABI.st 通信を受け取りたくない場合は、下記のフォームをご利用ください。
  → http://manabi.st/s/s_mag_cancel.php

 いよいよコートなしでは外出できない季節になってきました。忘年会シーズンも間もなく開始。飲みすぎにはくれぐれもご注意くださいね!
 
 さて、今回の先生インタビューリレーは先月 MANABI.st に加わったばかりの Fiona Gachallan 先生です。その他恒例の聞き取りクイズ等盛り沢山の内容となっています。

 それでは、MANABI.st 通信第 32 号のメニューです。


◇─────────────────────────────────────◇
 今月のメニュー
◇─────────────────────────────────────◇

1│新着先生紹介
─┘

2│先生インタビューリレー 第 32 回 - Fiona Gachallan 先生 -
─┘
  ○カナダ・日本・イギリス・アイルランドの 4 カ国で教えました!
  ○無料レッスン提供企画『インタビューの一部を聞き取ろう!』
  ○ナタリー オヌスカ 先生の『インタビューの一部を聞き取ろう!』クイズの正解発表!

3│MANABI.st からのお知らせ
─┘
  ○Improving Discussion Skills コース 新教材 5 つ追加!
  ○Nicole 先生、クリスマス限定特別コースの開始!
  ○MBA 受験者にご紹介! 青山 TG セミナー
  ○合計 48,000 円のレッスン券が当たるチャンス!

4│編集後記
─┘


◆─┬───────────────────────────────────◆
 1│新着先生紹介
◆─┴───────────────────────────────────◆

Fiona Gachallan 先生
 現在、カナダ バンクーバー で Substitute Teacher (代替教員) をしています。非常にユーモアがあり、明るい先生です。既に『フィードバックが大変丁寧』という評価を頂いており、今後期待の新先生です。

◆─┬───────────────────────────────────◆
 2│先生インタビューリレー 第 32 回 - Fiona Gachallan 先生 -
◆─┴───────────────────────────────────◆

カナダ・日本・イギリス・アイルランドの 4 カ国で教えました!
 今回は今月の新着先生で紹介した Fiona 先生をインタビューしました。Fiona 先生は前回取り上げました ナタリー 先生同様、カナダ・日本以外の国々 (Fiona はイギリスとアイルランド) で先生経験のある MANABI.st の中では異色のキャリアの持ち主です!
 
 何故イギリス・アイルランドに渡ったか、かなりプライベートな所まで突っ込んで聞きましたので是非読んでみてくださいね!
 
 インタビュー記事は http://manabi.st/n/fiona.php 上に公開しております。
 
Fiona 先生・無料レッスン提供企画『インタビューの一部を聞き取ろう!』
 出題問題
 They don't have that pressure to get into the high school. So you know, they're, they're days, you know, typically it's, you know, nine to three, and not a lot... OK when we're comparing the two schools more kids are involved in extracurricular activities in Japan. And the, umm, kids here, like they have lots, there are lots of opportunities, lots of different activities and lots of kids do get involved, but for the most part, I believe more, you know, Japanese kids are involved in those, in those activities. So I'm not going to say that it's kids here have a ( ) ( ) ( ) ( ) but I, you know, the same time I think kids in Japan are better ( ) ( ) ( ) ( ) they're involved you know they're doing things, they're involved in sports, you know, I mean a lot of kids here will just go home and watch television, go to the ( )... So...

 上の文章を完成させて解答を support@manabi.st まで送ってください。正解者の中から抽選で 3 名様に Fiona 先生の無料レッスン 1 回をプレゼント!
 沢山のご応募をお待ちしております! (締め切りは 12 月 10 日)

 ちなみにこれは Fiona 先生に「日本人とカナダの中学生の違いは?」と聞いた時の答えです。
 
 ボイスファイルは http://manabi.st/n/fiona.php 上に公開しております。

■『ナタリー オヌスカ 先生とのインタビューの一部を聞き取ろう!』の正解発表!
 クイズ正解
 Well, I think, um, so (for) that newspaper I had to do a lot of interviews to people, and then we also went to these conferences... So sometimes, in too, we would have to go to (like) a (court) (room) or to a (theater), and, so you're in this (public) (spaces) where you need to, um, do all those kind of negotiating with people and introducing yourself and you have to say the right thing at the right time and be quiet at the right time and you know. So I think that this, um kind of, public, um, (persona), you know, it was a good introduction and I always felt comfortable in front of many people.

 一番初めそして最後のカッコが難しかったようですね。応募者が激減してしまいました。ご応募いただいた方々、ありがとうございました!

 当選者は YH さん、KS さん、SK さんでした。おめでとうございます!


◆─┬───────────────────────────────────◆
 3│MANABI.st からのお知らせ
◆─┴───────────────────────────────────◆

Improving Discussion Skills コース 新教材 5 つ追加!
 大変好評頂いております MANABI.st オリジナル教材『Improving Discussion Skills コース』に新たに 5 つのトピックが加わりました! 今回追加のトピックは以下の通りです。

 Topic #6 : Pink or Blue (赤ちゃんの性別操作は可能?)
 Topic #7 : Esperanto: The International Language (国際言語をご存知?)
 Topic #8 : To Tell or Not to Tell (危険なダイエット薬品)
 Topic #9 : A true news story -England's Manchester Evening News-(偽証罪!?)
 Topic #10: Food Fight (トレードマーク闘争)
 
 尚、今回は Elizabeth Garone 先生が作成。非常に読みやすく、興味深いトピックとなっております。ご興味のある方は是非以下のリンクをご覧下さい。
 
 http://manabi.st/t/t_idsc_b.pdf
 
 尚、このレッスンをご予約されるにはログイン後に『コースを探す』→『一般会話』→『テキスト使用』→『Improving Discussion Skills (MANABI.st オリジナル教材)』を選択下さい。

Nicole 先生、クリスマス限定特別コースの開始!
 Nicole 先生より朗報! 何と本日より来年初めまで、クリスマス限定の特別コースを Nicole 先生が作成! 1 レッスンあたりの価格も 2,800 円と皆様には大変素敵なクリスマスプレゼントなっております。
 
 このコースはクリスマスから正月にかけてカナダ人が体験するパーティー等を題材に時系列で Christmas Cuisine、Christmas Shopping、Christmas Office Party、New Year's Eve、New Year's Resolutions と 5 つのトピックを全 5 回のレッスンで体験していただきます。
 
 コース詳細につきましてはログイン後、『コースを探す』→『一般会話』→『クリスマス限定』→『Nicole's Special Christmas/New Year's Lesson コース』をご覧ください。

 ◆レッスン用教材は以下のリンクでご覧いただけます
 60KB ダイアルアップ用
 911KB ブロードバンド用
 
 また Nicole 先生より一足早いクリスマスカードが届いております。是非以下のリンクよりご覧下さい!
 
 ◆メッセージカード
 320KB ダイアルアップ用
 2.43MB ブロードバンド用

■MBA 受験者にご紹介! 青山 TG セミナー
 弊社大塚が MBA 受験時代に GMAT、TOEFL の勉強面並びに面接練習等でお世話になった MBA 予備校青山 TG セミナーハウス を紹介させていただきます。MBA 受験者でスコアメイク又はエッセーなどで苦しんでいる方には必見です!

 青山 TG セミナーは、東京青山を本拠地とする少数精鋭の MBA 留学準備校であり、GMAT、エッセイ、進学キャリア指導など、留学に関わるあらゆる対策を、各人に made-to-order で組み合わせることで行っています。また、MBA 留学経験者や候補生が集うサロンやネットワークを通じて、留学準備の段階から、日本の将来を担うリーダーとしての自負を培い、良き仲間たちをつくっていくところが、単なる予備校とはひと味違うところです。弊社大塚もよく TG セミナー主催のイベントに顔出しているそうです。

 2007 年度留学準備のご相談や、レッスン見学など随時受付中!
 ご興味のある方は、青山 TG セミナー ファウンダー Ken 伊藤までお問い合わせ下さい。

■合計 48,000 円のレッスン券が当たるチャンス!!
 前回は残念ながら当選者は出ませんでした。よって前回の 42,000 円に 6,000 円をプラスした 48,000 円のレッスン券が当たるチャンスとなります。当選者は 3 名です。今回当選された方は 16,000 円のレッスン券を取得できます。もし、当選者がいらっしゃらない場合は、次回に持ち越します。応募方法は簡単。リンクをクリックし、ご登録のメールアドレスを入力するだけ。気になる結果は…
 (応募期限は 12 月 10 日まで)

 ↓↓をクリックしてチェックしてください!
 http://manabi.st/s/s_mag_challeng.php


◆─┬───────────────────────────────────◆
 4│編集後記
◆─┴───────────────────────────────────◆

 MANABI.st オリジナルテキスト、Improving Discussion Skills コ ース も新たに 5 つトピックを加え、少しずつ充実してきました。現在 Janet 先生がさらに 5 トピックを製作中。近々リリースが出来ると思いますのでお楽しみに!
 
 現在その他オリジナルテキストを複数製作中です。期待していてくださいね!
 
 こんな情報が知りたい、こんな記事やコーナーがあったらいいな、などのご提案がございましたら、support@manabi.st までメールを送ってください。

 次号は、来月 12 月第三金曜日 (12 月 16 日) 前後を予定しております。ご期待下さい。(^_^)


□─────────────────────────────────────□
   ○ ○  ○
  ○    ○  ○.st   発行:まなび有限会社
○ M A N A B I        http://manabi.st/


その他のバックナンバー このページのトップへ
©2019 まなび株式会社 All rights reserved.